[<=] [] [↑↑] [=>]
投稿実験レポートNo.049
ベットで寝るだけで1日過ごすとどうなるか?(入院編)




投稿文章

 
●はじめに
 はっきり言ってこんなことをやりたくはなかった・・・
 けどね、絶対に何が何でもやらざるをえない状況に追い込まれちゃったんだなぁ(^^;;
 うぅぅぅぅ・・・なんていう運命、これは神様が自分に与えた試練だったのか???
 そう、この話は今から5年前(ずいぶん古いな)の8月、自分が入院した時にちょっとした検査で右足の大静脈に管を突き刺しましてね、そいつが終わってからの実話です(ちょっと大げさに書くかもしれないけど、まぁそれはいいよね)


●用意した(された?)もの
  • 人‥‥‥‥‥1人
  • ベット‥‥‥1台(ベットって台って数えるのかな?)
  • 食料‥‥‥‥1日分(言わずと知れた病院食+α)
  • 尿瓶‥‥‥‥1個お好みでどうぞ)
  • 気力‥‥‥‥けっこうたくさん


●予想(やる前に考えていた事)
 たった1日寝てるだけなんでしょ?、全然問題ないって(^^)
 確かに寝返りが出来ないのは辛いかもしんれないけど、体力とかはそんなに落ちないでしょう。
 問題なし!!!(←完全にナメてます)


●実験
 午前10時。
 検査も無地終了して病室に到着(^^)。  さぁこれから24時間ずーーーーーっとここで過ごすわけやね。
 とりあえず長期戦に備えて準備してっと・・・
 では、実験開始!!(←実験じゃないけど)

 ここでちょっと説明です。

Q:そもそも、なんで自分がこんなことしてるのか?

A:いろいろがあって手術をする事になりまして。
 手術する時ってその前にいろいろ検査をするんだな。
 で、検査っていうのが右足大静脈から管を入れて血管の写真を取ったんです。
 管を入れたって事は血管に穴をあけたって事でしょ?しかも太っといヤツに・・・
 でだ、もし穴があいちゃったら、血が噴水のごとく出てきて、あたりは赤い海になるらしいから?、

『塞がるまで動かせない=動かさず寝てなさい!!』
 っていう訳なんです。
 分かった???

 さて説明も終わったし、実験に戻しましょっか(だから実験じゃないって!!)

 別に最初は特に何もなく、ただホント静養って感じで寝てました。
 まぁ普通と言えば普通だったんですが。


 1時間経過(残り23時間)
 ここでパプニング発生!!眠くなってきた!(_ _)(-.-)(~O~)ふぁ〜(~O~)(-.-)ねむねむ〜
 な〜んだそれだけかって思うけど、人間は眠っている間に数回寝返りをするらしい。もちろん無意識の間に・・・。
 普通ならいいよ別に、実験失敗でいいんだから。
 けど自分は動かせないし、動いちゃったらヤバイらしいし、どうしましょう?って思っているうちに寝てた。
 意志が弱いなぁ自分って(^^;;

・・・・・・ただいま睡眠中(-_-)zzz

 4時間経過(残り20時間)
 目がさめるがちょっと腰が痛くなっていた・・・
 まぁ予想はしていたし、ちょっと痛いけどまだ平気かな。
 ここで寝ながらご飯食べてみるけど、上手く食べれない。
 よく寝タバコはするけどあんまり寝ゴハンは聞いたことはないなぁ・・・。しかもみそ汁なんてどうやって飲めばいいんだ(>_<)
 なんか食べた気がしないし、食べるならパンの方がいいな(病院の人もうちょっと考えてよ)。

 一応楽しみだったご飯も終えたけど、別にやりたい事もなく・・・とりあえずボーっとしている。ホント病院って暇やよね〜。
 動けたら散歩でもするんやけど、別に動けなくても他の患者と話をすればいいけど、ここは個室。自分以外にだ〜れもいないし、さすがにナースコールを押すっていうイタズラはマズイな・・・
 うぅぅぅ、時間が経つのが遅い。

 6時間経過(残り18時間)
 腰の痛みが増していく!
 普段なら絶対に寝返りをするけど、出来ないだけに辛い。しかも、なんか布団の中が蒸し暑い。

 トイレには行きたくなります。
 ここで尿瓶登場!!
 ちゃんとセットして(想像しないでね)、
 3・2・1 発射!!
 ・・・・・・・・???あれ????出ない( ゜_゜;)
 そりゃ横になっているから出にくいは分かるけど、こうも出ないか?
 あの手この手で試してはみるけど全部失敗(マジかよ!!)
 格闘すること約10分やっと出た(^。^;)ホッ!

 さてトイレは無地終わったものの今度は腰痛+ヒマが襲ってくる。
 とりあえずテレビの音を聞いて気を紛らわしてみるが、腰の痛みの方が大きすぎて集中できない。
 何か腰の感覚がなくなってきたような気がするし、果たして自分大丈夫か?

 13時間後経過(残り11時間)
 他の人は寝ているのに自分は寝れません(T_T)。もちろん腰痛で・・・。

「うぅぅぅぅぅ・・・」(ベットの上ででうなっている声)
『コンコン』(ドアのノックの音。誰だこんな時間に?)
「大丈夫?」(←ちょっとタイプの看護婦(*^_^*))
「腰が割れそう&眠れない」(←自分)
「そりゃずっと寝てるから痛くなるよ(笑)」(←やっぱカワイイねぇ(*^o^*))

 やっぱ白衣の天使やなぁ。
 あれっ?(ふと気が付いた)
 今って個室に看護婦と自分の2人きりだよね。
 しかも隣の部屋はもう寝てる?いや寝てるはず?っていうか寝てろ!!!
 ひょっとしてコレは・・・

 急きょ実験変更。

「入院中に看護婦さんと病室でヤれるか?」

 う〜ん・・・やってみたかったけど却下!。今はそんな体力ない!!
 それに多分、いや絶対に無理!!!。
 けどホントかなぁ??。医療関係者の方々情報を求む!
 なに考えてんだかと思いつつ睡眠薬を飲んで1日目終了。

・・・・・・ただいま睡眠中(-_-)zzz

 21時間経過(残り3時間)

 「ピヨピヨ」(鳥が鳴く音)

 2日目の朝、今日もいい天気(^^)
 天気はいいけど腰は最悪な状態。もう感覚がありません。
 こんなに辛くなるとは思ってもいなかった(T_T)
 いい加減に動きたい。あと何時間やればいいんです?
 誰か教えてくれ!!
 そんな切なる想いが通じたのか?トイレに行けるようになりました。
 ばんざ〜い \(^o^)/

 けどね・・・いざ体を動かすとなると怖いもの。すっくり体を起こします。
 はぁ〜、腰の痛みがとれていく・・・。ゆっくり歩いてみるけど、何か体が重く感じる。
 しかもなかなか体がいうことを聞いてくれない。何故???
 そりゃ1日動いてなかったらこうなるかと思いつつご飯を食べて再びベットへ。
 腰の痛みは少しはあったが昨日の夜に比べたら全然楽(^^)
 10時まではテレビの音で時間をつぶしてました。

 そして午前10時
 1日前に病室に戻ってきた時間に部屋を出たのであった。


●結論

 ・その1
 24時間中ベットから出た回数・・・1回,寝返り・・・0回
 ・その2
 1日中ベットで寝ると腰が痛い。予想は出来ていたがそれ以上にひどくなる(感覚ななくなる)。
 しかも体温&汗でふとんが暖められ妙に気持ち悪い。
 きっと寝返りをする事で腰への負担の軽減&布団内の空気が入れ替わるのだろう。
 あとだんだん聞き取りにくくなってきたのは気のせいか?
 ・その3
 1日中ろくに体を動かしていないのに急に動かすとすぐ疲れる。やっぱある軽度毎日動かさないといけないね。
 ちなみに、この実験を1週間続けると歩いただけで骨折するらしい。
 それだけ筋肉が弱くなるのだろう。
 ・その4
 さすがに24時間もあるといろんな事を考えてしまうね(^^;;
 いろいろ考え込みたい人はオススメだけど。
 ・その5
 24時間ってすっごく長い
 ・その6
 実験リクエスト一覧では「ひとりごと」禁止になっていたがそれは無理!!
 ひとりでに喋るから(^^;;
 ・その7
 いざ看護婦と2人きりになると結構緊張します(とくに深夜にちょっと暗い部屋では)。
 ・その8
 実験レポートって読むのは楽しいけど、いざ書くのはすっごく難しい(本当に)。
 みなさん神楽坂さんにもっと感謝?しましょう。


管理者の意見,感想

 この実験、公表してないけど実は私もやったこと有るのよ。
 でも開始わずか3時間あまりで耐えきれなくなりリタイアしたの。寝るのはともかく、独り言禁止が辛くて辛くて‥‥。
 しかし何より気になるのは、

「入院中に看護婦さんと病室でヤれるか?」
だよなぁ。
 看護婦さん、もしくは入院して看護婦さんを口説いたことがある方、ぜひそこらへんをお知らせください。

by 神楽坂博


前のレポートへ 実験レポートのもくじへ トップページへ 次のレポートへ
inserted by FC2 system